スポンサードリンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

001

« 脚の状態は落ち着きつつ…なんでしょうか。 | トップページ | 20170904 トゥイッチ練習の成果が少し出た…か?  »

2017-09-03

20170826 南紀お気楽日帰りメッキ探しです

前回の南紀メッキ探索で、細かいトゥイッチ、ハードでスピード感のあるトゥイッチの必要性を目の前で嫌というほど見せられてしまい、今更ながら少しばかりルアーを仕入れつつ、のんびりと阪和道を南下です。

今回のテーマは今までとは違ったトゥイッチ…そう、ぬるくないトウイッチ、ゆるくないトウイッチで釣りをする…です。


例によって朝イチに用事を少し、そこから高速と下道をダラダラと走り中紀エリアの中規模漁港でタックルをセットです。

スポンサードリンク

水の濁りもなく、かと言って透明度も高すぎることもなく良さそうな感じで、流れ込み、スロープ、波止周りのストラクチャーをタイトに狙うも魚の気配ナシ。

で流れ込みが脇にあるスロープのエッジを新規導入のボトムノックスイマーでちょこちょこと・・・で、チヌさん(小)が食う。


後は同じサイズのチェイスのみで、メッキさんはお留守…。

201708_1

ちなみにボトムノックスイマーですが、自分の頭には無いS字のようなダート系…ただ、下手に使いすぎるとスレそうなので、ここっていう時に使うのかなと。

そうそう、この場所で手のひらアジさん特性のワインドトゥイッチャーをお試し、透明度も高く、魚がいない場所でチェックです。

なるほど、自分の過去所有していたルアーでは出せない大きなスライド、で左右の動きにサイズの割に飛ぶ飛距離・・・、使いこなせるようにならなければ・・・。

そうこうしている間にお昼近くになるので、もう少し南に向かうか北をウロウロするか・・・ですが、せっかくなんで御坊あたりまでは行こうかなと、南下。


途中何か所かを見て回り、キャストするもチェイスすらない状態。

まあね、完全に干潮ど真ん中な感じですから、一気に南に下ることにします。

日高周辺にしようかと思ったのですが、どうやら花火大会があるようで遅くまでやって渋滞しないとは思うけど、巻き込まれるのも嫌なのでもう少し南へ。

以前川筋で面白い釣りが出来た場所に移動するも、全く気配ナシ。
干潮タイムで動かない、気配が無い・・・で、今度は北上するも同じような状況。

コンビニでお昼ご飯を食べつつ、潮が動き出すのを待つ、寝るで起きたら潮が動き出したので、再度気になっているポイントへ。

そういえば何度も来てますけど、夕方に入ったことなかったかも。
結構小場所で、夕方のゴールデンタイムにはいたことない場所、さて回ってくるのか・・・と、シンキングミノー50㎜を横に移動しながらキャスト。


で、いきなりゴン! キューンとロッドをまげて上がってきたのはギンガメさん(合ってます?)。

201708_2

その後ボトムでは全く気配ナシ、一匹だけなのかと思いつつ水面はざわついています・・・少しですけど。

で、ポッパーに変えたり、ペンシル投げるも反応ナシ。
もう一回シンキングミノーですけど・・・無視。

さて、困ったけどそんな時はショアーズストリーマーで水面直下をチョコチョコと動かせると・・・

モゾモゾ当たって、グンとフッキングしたのがギンガメアジさん2匹目。

201708_3
どうもトップでもなく、中層でもない水面直下でサイズは小型の何かを食ってる?
ということでレンジだけ合わせようとして、フローティングミノーをキャストするもガン無視される・・・。

やはり水面直下で、大きくない方が良いのかショアーズストリーマーを色のローテーション(2色しかないけど)で、コロコロ変えてみます。

すると今度はクン、クン、クィーーンと軽い引きでルアーを持って行ったカスミちゃん(実は初めてだったりして)。
201708_4

そこから何度か当たってくるものの、フッキング出来ずな上に細長いダツさんに何度も遊ばれるも、ルアーロストはナシでホッとしつつ、かなり暗くなって終了かと思っていたら・・・。

真っ暗な中、足元でゴンと食ってきたロウニンアジさん(本日最大=小さいけど)。

なかなか食いが浅いのかフッキングできなかったのですが、何となく細かいトゥイッチなら何とかなりそう?

あとは硬めのロッドだとどうもフッキングの際に弾いてしまって(たぶん魚が小さいから?)いたので、少し前に購入していたトラウト用のショートロッドで遊んでました。
なかなかこれが面白かったんですよね。

ティップがソフトなので、フッキングはちゃんとアワせないとダメなんですけど、魚がルアーにアタックした時は違和感ないかも・・・な?

ちょっとコツが少し掴めたような、そうでないような・・・ふわっとしておりますが、次回にも同じタックルで遊んでみようかなと。
でもどこかのタイミングでハードなほうのロッドでやらないと、たぶんダメなんだろうけど、それがどのタイミングなのかですね。

そんなことを考えながら釣っていて完全に日没、もうダメかなと思っていたら最後に足元でゴン!
ギューンとカーブを描くように走って、やり取りして抜き上げ成功のロウニンさん。
ロウニンさん

201708_5

201708_6

さすがに真っ暗になってしまったので、ここで終了です。


帰りは紀ノ川沿いから、葛城山麓を走って帰りましたけど、外気温表示23℃・・・秋近しですねぇ ^^
Img_20170826_222846

タックルはメッキさん用ロッドではなく、ちょっと遊んでみました。
ショートロッドで何だかとってもラクでしたし、アクションの付け方も軽~い感じで。
このトラウトロッドにタックルハウスのショアーズストリーマー、なんだか絶妙なバランスでした(個人の感想です)。

で、記事にも書いたのですがトップでもなく、中層でもなく水面直下数十センチというところのベイトを追いかけていたのと、ベイトのサイズも大きくないのか、水面直下のミノー(シンキング、フローティングともに)ではほぼバイトなしでした。

一番コンコンと反応したのがショアーズのストリーマーで、水面直下をチョコチョコと細かいアクションで移動距離を極力少なくしたうえで、ルアーを小さくかつスローにならないように動かすとダツさん含めルアーにアタックしてきました。
ベイトはなんだったのか分かりませんけど、水面直下を泳ぐ何かだったんでしょうかねぇ…?

●タックル
tailwalk KEISON Runsback Titan S56L-ti
シマノ レアニウム 2000HGS

パームス 7degree 50HW
タックルハウス ショアーズストリーマー 2.8g(ピンク系と赤系?)

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

ちなみに5.6ftのショートロッドで、ルアーウエイト10gまで投げれますが、かなりソフトで面白いですし、軽いルアーも良く飛びます。

あと、魚のサイズが小さかったりしてフッキングしても重みがなく、それでティップで弾いてしまってフッキングしなかったり、変にアワセてしまってルアーが手前に飛んできたり・・・ということがソフトなティップ部分でカバーできそうな気はします。

やりとりに関しては、パワーもあるんですけど、魚が走っている時の引く力をうまく吸収してると言いますか、ティップからラインを通してルアー、そしてフッキングしたフック、魚までうまくタメが自然に出来ているのでバラす心配が少ないかも?

硬いティップで弾いてしまうようなことがなく、魚の引きをロッドのカーブでうまく吸収してくれてる感じ・・・合ってます?

バラす前にフッキングがあるのですが、そこはちょっとまだ完全には出来なかったので・・・次回にも再度確認したいけど釣れるかな?

ただ、メッキさんのサイズが20cmを超えてくるとちょっと走られまくるかもしれないので、夏から秋の初めまでのメッキさん狙いでは釣り味が面白いかも・・・という扱いか・・・な?

それよりなによりも・・・ショートロッドで疲れない、取り回しが楽、グリップが短いのでトゥイッチがしやすい・・・と思ったロッドです。

メッキさんのサイズ、25cmクラスだと結構ハラハラしたやり取りになる…のかも、ととても楽しみですがそれ以上のサイズは難しいかなぁ…。

しかし、これでそこそこのサイズがかかったりしたら、場を荒らしてしまわないように気をつけなければ…。

スポンサードリンク

« 脚の状態は落ち着きつつ…なんでしょうか。 | トップページ | 20170904 トゥイッチ練習の成果が少し出た…か?  »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脚の状態は落ち着きつつ…なんでしょうか。 | トップページ | 20170904 トゥイッチ練習の成果が少し出た…か?  »

出資馬成績

PR

フォト