スポンサードリンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

001

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017-08-15

真夏の修行、大人の夏休み…海はええなぁ

毎年お盆休み中に釣りに行った記憶がないのですが、今年はちょこっと(でもないけど)だけ紀伊半島半周で、夏のお手軽ゲームを楽しんできました。

お盆に釣りに行くと、海に引っ張られるとか、足をつかまれるとか…言われた記憶はそんなにないのですが、とおにかく夏の南紀を楽しみに夜中の国道、しかも169号線を南下です。

相変わらず恐ろしい奥の深いコーナー、しかも登りはともかく下りのヘアピンに近いコーナーな上、右回りとか・・・、全然スピードアップできない、いやしたくないルートで、紀東エリアを目差します。

ホント曲がりにくいコーナーに、トンネル出てすぐの直角コーナー…、途中のコンビニでアイスコーヒーRサイズ買うと、120円取られるし…。

もう、フラフラでしかも吐きそうという自分で運転して、セルフ車酔いとか最悪です。
間違っても人の運転でこのルートは遠慮したいです。

Img_20170812_145038

夏休みっぽい写真を撮影しようと思っていたのですが、あまりの暑さで忘れてました。
お昼寝で立ち寄ったとある漁港付近から、夏らしい風景を撮影しています。

さて、釣りのほうですが一応メッキさんを追いかけてとなるのですが、中部から南下しているTATさん、commyさん組と合流すべく、よせば良いのに大台超え、R169号から向かったのです。

合流前にコンビニに寄って朝ごはんを食べ、少し寝ようと思ったのが失敗で気がついたら明るくなってました。
急いで着替え日焼け止め対策を行い、一番近い港でタックルをセットです。

スポンサードリンク

最初の港はそこそこ大きい漁港で、車横付けのお気楽場所。
どうもここで仮眠されていたのか、起きてきたばかりのファミリーさんがたくさん。
足場も良いし、車も横付けできるし便利、そして魚も多そうな気配。
こういうところでちゃんとゴミとか持って帰らないと、すぐに釣り禁止になりそう…。

さて、釣りの方ですがギラッギラッと追いかけてくるダツさんに、たまにグンッ!とかモゴモゴしたアタリはメッキさんっっぽいけど、全く乗らずでヒットなし。
場所を移動して一番奥の漁船と漁船の間をシンキングミノーからシンペンでトゥイッチで、船のしたから目に筋の入ったシオさんが絡むも…それっきり。

横を見るとそこそこのサイズのアオリイカさん、こんな時に限って餌木は積んでないのでミノーをキャストすると、イカパンチ1回であとは無視して、下がっていきました。

ここでTATさん、commyさんから現在地連絡があり、移動することに。
ちなみにシオ、まだ未体験でどうやったら釣れるのか不明なワタシです。

勝浦を過ぎ一気にクジラの街へ…そこでやっと追いつき久しぶりのご挨拶。

後はベテランメッカ―についていくだけ、これでボーズは無いかと感じつつ、クジラの街を後に。

次の場所は住宅の脇をするすると入っていく、小河川の河口。
ここでワラワラッと群れが沸いてくるのですが、イマイチルアーにアタックしない…。
ちょっとやる気がないのか、スレているのか…何とか1匹かけるも抜き上げるタイミングでフックアウト。

ルアーはいろいろ変えていたので、何で釣れたか覚えてないですが…

そこも潮止まりのタイミングで魚も消え、移動し次のポイントも河口近辺で・・・。

とりあえず相手してくれたのが…


Img_20170812_091319_2


ぐ~ふ~さん、最近やたらルアーにアタックしてくるなぁ。
メバルのルアーを始めた頃、フグがそんなに釣れるイメージ無かったけど…。
ワームは齧られてましたけどね。

次の場所は観光地近くの港。
ここではライントラブルの間にメッキさんタイムを逃し、シオも釣れずであきらめかけていた中、中層で派手目にリフト&フォール、トウイッチさせたレンジバイブ 45で中層をネチネチとして、シオさんに集まってもらおうと思ったら、足元から黒い影がスッと出現、やる気満々でルアーを追いかけガッツリフッキング成功、上がってきたのはハタさん。

Img_20170812_104027

メバル用の柔らか目のロッドで掛かったので、そこそこ楽しかったです。
とりあえず食べて美味しいので、お持ち帰りでキープです。

お昼前、混雑する前に食事を済ませ小移動の漁港スロープへ。
群れが入っていたのか、みなさん連発する中、イマイチなワタシ。

掛かったと思ったら…
Img_20170812_115725

口を開けたら絶対に噛まれたくない、ダツさん。
顏、恐すぎです。
歯、痛そうです。

ライン、切られなくって良かったです。

で、ようやくスロープの切れ目のとこから出てきて一発ようやくヒット。
今回はバラすことなくゲット、実はほぼ2年ぶりのメッキさん。
昨年の春、今年の春と某河川で○ボをくらったり、そこそこデカいのにヒットの瞬間のラインブレイクとか…。

すっかり忘れるくらい…なワケではありませんが、久しぶりの嬉しい1匹。
シュガーミノーボトムトゥイッチャー 42、緩めのトゥイッチで確保です。
Img_20170812_120437

たぶん、自分には釣れなかったのは動きが違うんだろうなと思いつつ、TATさん、commyさんのロッドワークをチラ見始めます。

群れが移動したのか、気配がなくなりダツさんばかりになったところで移動。
超シャローの河口で気持ち良く脛まで海に入ってキャスト…も、イマイチ自分には釣れず、水遊び感覚で楽しい釣りです。

その後数か所チェックするもイマイチなんで、コンビニでアイス食いつつ休憩。
日陰をもとめてウロウロし、しばしのお昼寝タイム。

気が付けば取り残されてるし… (^^ゞ

紀伊半島西側の川は台風以後のダム放水?で濁りがよろしくなく、定番の漁港も気配なく…どうしたものかでしたが、突然の1匹が突進、フッキング成功。

しかし交通事故的な1匹っぽいなぁ…。
Img_20170812_171022
これもボトムトゥイッチャー42。
動きが緩慢なようですけど、この日自分にはこれでしか釣れんかった…この時まで。


見切りをつけ、小移動し国道から離れた小さい漁港にて…。

ウミガメさんにご挨拶…

Img_20170812_174306

今年の夏、頻繁にウミガメさんにお会いするのですが、これくらい普通にいるんですかね?
真夏の紀伊半島、あまり回ったことなかったので…。

で、最後の小さな漁港。
始めに書いておきます。
1匹釣って群れが入ってきた気配ムンムン、そこでフックが指に刺さり、気が付けばラインがルアーに絡み、直している間に容赦なく諸先輩方はバコバコと。

これがメッキ釣りだぁ!

とかいろいろと…焦る、けどどうしようもなく…何とか間に合ったかと思うも…
数回アタリがあって終了。

しかしなぁ、何かが違うとお二方のロッドワークを見ていたのですが…。

リールを巻く速度はそんなに変わらないようなのですが、どうもティップの動きに差があったような気がします。

どうも渓流で釣っていたクセなのか、ルアーを動かす距離が長い…ような。
お二方はもっと小刻みなロッドワーク、自分はルアーをスライドさせてその分を巻き取り、の繰り返し…で。

う~ん、そここなぁ…。
あまりにも小刻みなアクション、苦手なんですよねぇ。
さて、どうしたものか…。

あ、最後の港ではDコン50でした。

しかし、暑い。
夏らしいといえばそうなんですけどね。

暑すぎるせいで、水温が高いためかフグさんも怒っているようにしか見えんし…
Img_20170812_1619190

秋になれば体のほうもラクになってくるだろう…と思うので、再度南紀まで…。
いや、中紀で釣れるともっとラクに行けるんだけどね。

そうそう、ハタさんは
Img_20170813_134505

煮つけに…そばつゆストレートで手抜き煮つけですが ^^

Img_20170813_190502

メッキさんは…
塩こしょうして、小麦粉をまぶしてフライパンで多めの油で揚げてみました。
ちょっと揚げ過ぎて身が硬くなってしまいましたけど…

Img_20170813_191935

とりあえずお魚ずくしなお盆休みのおかずです。

あと、ハタさんを煮つけにした残り汁で…
ケンサキイカさん、ダイコンさんを煮つけてネギを散らしてみました。
500

水で薄めたのが失敗、そのまま甘辛く煮つけた方が美味しかったかも。

ケンサキイカさん、在庫が薄くなったのでまた行かなくては…

ケンサキイカエギングデビューのお話し はコチラ

使用タックル
ロッド=
●Go-phish yac-pac60m
●アングラーズリパブリック ショアガン 70TWL
●パームスPin Wheel 76 PMGS76
リール
●シマノレアニウム2000HGS レアニウム2500S

 

釣れたほうが良いに決まってますけどね…、久しぶりに昼間の釣りで一日健康的に遊べたような気がします。コレ大事…だと思います。

ただねぇ、どうも細かいトゥイッチが…下手だなぁ。
スライドさせたり、ジャークさせながらのトゥイッチで釣れる時は良いんだけど、ホント小刻みなアクション、動きに反応が良いとき…全然ダメ。

以前の紀北エリアのサーフでも、ポッパーですらステイさせないと食わないとか、ミノーもストップさせた瞬間に食う・・・そんな時しか釣れないのか…。

そうやっていろいろ考えるのが面白いんだろうけどね~…。

1日だけでしたけど、ご一緒いただいたTATさん、commyさんありがとうございました。
また、宜しくお願いいたします。

スポンサードリンク

2017-08-14

15人気12着 無事にレース出走、次走はどうなるのか?

0013
ゴールドエフォート
8/13(日)新潟7R 3歳上500万下〔芝1,800m・17頭〕
12着[15人気]

スタートは互角に出ましたが行き脚が付かずに後方からの競馬となります。直線で大外に出して追い出されると伸びましたが、前の馬に有利な展開となったこともあり12着まで着順をあげたところがゴールとなりました。

吉田隼人騎手
「もっと前目の位置で競馬を進めたかったのですが、スタートからスピードの乗りが悪かったですね。
最後はこの馬なりに脚を使ってくれましたが、ペースが遅くて前に届きませんでした。それでも、ここ数戦はダラッと走ってそのままゴールしている印象でしたが、今日は直線に向くまで手応えが十分ありましたし、追ってからもハミをグッと取る感じはあったので徐々に良化してきていると思います。それに、今ならばもう少し距離があってもいいかもしれません」



田島俊明調教師
「内枠でしたし前にいないと恐らく勝負にならないだろうと思っていたので、ゲートを出たら少し押してポジション取りに行く競馬をして欲しいと言っていたのですが、前半はハミを取らずに進んで行きませんでしたね。
返し馬などもなにかいい頃のピリッとした感じがないので心配していたのですが、その通りの前半になってしまいました。
ただ、今回は直線で追ってからこの馬本来の伸びを見せてくれましたし、徐々に元に戻ってきている段階なのかもしれません。レース後の状態に問題がなければ権利はありませんが、このまま在厩で調整して、次走は距離を延ばしたいと思います」

追い切り1本で12着に終わりましたが、まあ最後の直線でらしさは少し出せていたように見えました。二桁着順なので次がどうするのか微妙ですけど、一応放牧はせずに続戦を考えているようです。
まあ、怪我なく故障なく戻ってきたことでホッとしています。
ゴールドエフォートの力、実力のこともありますけど、それを最大限発揮できるように厩舎で調整してくれているとは思うのですが…。
いい頃のピリッとした感じがないので心配って・・・言われてもねぇ。
実力、成長した分はともかく、追い切り一回や緩~い追い切りで出走すればそりゃそうですよね。

8/27の新潟芝1800か2000? それとも9月の中山か?
とにかく…、今度はちゃんと調教やってほしいな、結果はともかく…。

スポンサードリンク

初体験 ケンサキエギングデビューしてきました

999

ここ数年は新しい釣りにチャレンジすることもなく、誘われることもなく季節ごとにターゲットを替えつつ、釣れない釣りを楽しんでいました。

ただ、新しいターゲットを狙いにいくことはあったのですが、基本的にはタックルはそれまで使っていたルアーをそのまま流用、新しさは特になかったんですよね。

先週ですが去年からお誘いをうけていたケンサキエギングに行ってきました。
昨年からいろいろとリグや必要なものの情報を得ていたのですが、釣行予定二週間前からショップ巡りを開始、あれやこれやと買い足し当然予算は軽く超えてしまってます。

ケンサキエギングには関係のないミノーを買ってしまってたり…。

さて、そのケンサキエギングですが、教えてもらったそのまんまでまず釣行したのですが、基本メバルロッドで大丈夫なようですが、フロートリグを扱える程度のスペックは必要なようです。

重量的にエギにスッテというところが仕掛けになるので、20g前後の重量負荷があるロッドのほうが良さそうとのこと。
ちょうど春に購入したヤマガのブルーカレント82Fがちょうど使えそうなので、まずはそのロッドでスタートです。

スポンサードリンク

出発したのはお昼過ぎ、まあ早すぎるのですが何分にも普段行かないエリアなので、混雑度や車の停める場所、それにジグヘッド投げてお土産なんか…も期待したりしつつです。

しかし、夕方には到着してるのですが、暑すぎでどうしようもありません。
自販機の場所の確認、日陰を探したり早めごはんを食べたり…で、30分ほどだけ根魚さんと遊んでもらいましたが…

Img_20170805_181839

まあ、このサイズが二匹ほど遊んでくれました。
このサイズでもそれなりのアタリが出て、ちゃんとそれを感じられるヤマガのブルーカレント82Fのおかげでもあるのですが…

肝心のケンサキエギングですが…
暗くなってから自作仕掛けを装着、エギはお店で適当に選んだ2.5号(だったと思います)に、スッテはおっぱいスッテ…。

Img_20170805_184601

投げにくかったり、絡んだりするのかと思っていたのですが、思ったほどというか全く絡まなかったです。

サイズ的にはこんな感じ…、あまりこだわらずロッドスペックで投げれるサイズにすれば良いのかなと…。

色もショップさんで聞いたら、特にこの色ではなかったり、青だったり赤だったり…。
釣れるときは釣れる、釣れない時は釣れない…で、好きな色で良いんじゃないかと思って、オレンジ、ピンク、白、を準備です。

そうそう、仕掛けですけど…

Photo_2

こんな感じでハンドメイドで、全長は100~150cmくらい、はい適当です。

市販のエギ、スッテがセットされた商品は65cmと書いてましたから、短すぎなければ適当で良いのかも?

Img_20170807_223220



ラインはフロロの2号で、回転ビーズからのエダスは1.75号。

スッテ、エギは適当に好きなアイテム、色で良いみたいですが、スナップは使いやすいものがあるそうで、お店で少し探し回ってかなり怪しいと思われたかもしれないな。

何か背後にスタッフさんがやたら来るんですよねぇ…、ただどこにあるか聞きたかったんですけど、商品名もメーカー名も知らないし…。

あと、重要だと教えてもらったのは…スナップの形状です。

567

スナップを開いた時の先端の形状…が重要で、直線になったものでないと使い勝手が宜しくないようです。

上の画像で、左のものがその先端が直線的なもの…で、真ん中はルアー用のスナップで先端が曲がっていますし、右の赤いエギング用はクルクルとしてますな。

直線でないものですが、仕掛け先端のエギの装着は問題がないのですが、スッテを装着するのにかなり面倒…ものによっては装着できないかも?

というところですかね。


仕掛け、必要装備品は以上で…
あとはアタリがどんなものか全く予備知識ないまま、キャスト、キャスト、キャスト。

何投目かに…コツッ!とか、ブルルッという感じで何かが触ってる…ような?
フグさんかと思ってなにもしなかったんです。
というよりもアオオリイカでのエギングだと、アタリがあってそれなりに向こうわせでかかってくれる…と同じかと思ってたんですよね。

で、そんなことをやっていて3~4回感触があるものの、何もかからず…ということを師匠に話すとそれアタリかもしれないので、軽くアワセたほうが良いですよ…と。

聞いてなかったぁ~っ…ということで、そこから微妙な感触はすべてアワセてたら…

初ケンサキさん登場。
Img_20170805_194946

正確には初ではなく、ケンサキエギングでのケンサキさん初ゲット。
その後は…
餌木のほうで掛かっていたのが、途中からスッテさんのほうばかりになったりで…
Img_20170805_222116


Img_20170805_222124

う~ん、何だか美味しいそう…。

 

アオリイカさんのようにブシューッではなく、プチュッ!という音でかわいいですな。
墨もサラサラ?ですぐ取れる感じですが、何度か頭からかぶってしまいましたけどね。

 

で、釣れるパターンというか、どうやったら釣れたのかが全くつかめませんでした。
表層でだったり、中層だったり…フォールなのか引いてくる時なのか…サッパリ分からんのです。

何とくわかったのは、大きくシャクることは宜しくないのかも…?
手首を軽く返す程度のシャクリで、潮の流れに乗せつつラインをハリ気味にし、アタリ(まだアタリかどうか自信ないですけど)があったり、おやっ?という気配、感触があれば軽くアワセてみる…のが良いかも…程度しか、いやいや良く分かりませんけど面白いですね。
アオリイカさん狙いのエギングよりも手軽だし、タックルもライト、そして釣り方もライトですし。

フロートリグを使えるロッドがちょうど良さそうです

ウエイト許容18gまで…
ヤマガブランクス ブルーカレント82 NANO

ウエイト許容範囲 0.8~15g
メジャークラフト N-ONE NSL-T862M 

ウエイト許容範囲 1.0~20g
メジャークラフト N-ONE NSL-T902MH



crazy-ocean(クレイジーオーシャン) ティップランスナップ M

by カエレバ

 

by カエレバ

 

タックル
ロッド ヤマガブランクス ブルーカレント82F
リール シマノ レアニウムHGS2000
ライン シマノ ソアレ0.5号

エギはヤマリアの2.2~3.0号を適当に
スッテもヤマリアおっぱいスッテ…
色は言われてた青、茶、赤をベースにしたのですが、ショップさんに聞いたら色よりも明暗ではないかと…。
う~ん、またヤバい釣りに手を出してしまったかも…面白いです。

暑さはともかく、体が楽なんですよね、アオリイカエギングと較べて…。
あと、何回行けるかな…混雑しそうなので禁断のヘイジツも検討しなければ ^^

スポンサードリンク

2017-08-11

お疲れさんです 一旦放牧になりました。

0012
フェイマスエンド
在厩場所:10日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:第4回京都開催

鮫島一歩調教師
「レース後、右前に熱感があったことから、開業獣医に診てもらったところ、疲れからくる腱鞘炎かもしれないとのことでした。念のために9日にエコー検査を行いましたが、腱の周囲に炎症が少しある程度で、大きなダメージは見られませんでした。
一息入れてあげれば疲れも取れてスッキリしてくるでしょうし、放牧先で脚元のケアをしてもらおうと思います。
脚元の状態にもよりますが、10月の京都開催で復帰できればと思っています。10日にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」

一瞬怪我、故障かと思いましたけど炎症程度のようでホッとしました。
福島、小倉の遠征続きですし夏場は得意でないようですから、放牧してリフレッシュして戻ってきてまた頑張って走って欲しいです。
10月の京都を目差すようですから、順調に秋を迎えてくれれば嬉しいな… ^^

スポンサードリンク

2017-08-10

大丈夫か…?

0013
ゴールドエフォート
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Dコースで9日に時計
次走予定:今週日曜の新潟・芝1,800m(牝)〔吉田隼人〕

田島俊明調教師
「帰厩後、4日の調教後にスクみの症状が一度だけ見られましたので、先週末に時計を出すのを控えました。その後はスクみの症状はなく、9日にダートコースで追い切りを行いました。
追い切りが1本だけになったのは誤算でしたが、牧場でもしっかり乗り込まれてきていますし、元々今回は一叩きのつもりでしたので、次に繋がる競馬ができればと思っています。
当初は木幡巧也騎手を予定していましたが、今週騎乗できなくなったので吉田隼人騎手にお願いしました」

元々一叩きのつもり…は、予定通りなのか、追い切りが一回しかできなかったためか。
次に繋がるとよいのですけど、大丈夫なのかなぁ。
牧場で乗り込んできたとありますけど…。


それくらいしか書かないでおきます、いろいろありますけど。
とりあえず無事にゴールしてくれたらそれで良いです。

スポンサードリンク

2017-08-08

よく頑張りました…。疲れを取って秋にまた頑張って下さいね!!

0012_2

フェイマスエンド
8/6(日)小倉11R 小倉記念(GⅢ)〔芝2,000m・13頭〕7着[13人気]

まずまずのスタートを決めますが、無理せず8番手辺りを追走、勝負どころから外に出して追い出しに掛かると、上位馬との差を詰めることが出来なかったものの、ジリジリ脚を伸ばし7着と健闘しています。

松山弘平騎手
「スタートが良かったので、他に速い馬がいなければもう少し前で競馬をしてもいいかなと思いましたが、外からドッと押し寄せてきましたし、巻き込まれて自分のリズムを崩してしまうのだけは避けないといけないと思い、中団に控えて追走しました。

前走あれだけ出して行った割には、道中は力むこともなく、リラックスしてくれていました。欲を言えば、3、4コーナーでもう少しスッと上がって行くことが出来れば良かったのですが、追い出しに掛かるととてもいい脚を使ってくれたので、これなら掲示板はあるかと思ったものの、残り100m辺りで同じ脚色になってしまいました。

良いスピードを持っている馬だと思いますし、自分のリズムでスムーズな競馬が出来れば、差のない競馬をしてくれそうですね」

スポンサードリンク

鮫島一歩調教師
「松山騎手には無理せず出たなりの位置で、リズムよく追走するように指示を出していましたが、上手く騎乗してくれたと思います。

勝負どころでスッと上がっていけませんでしたが、あそこがスムーズならもう少し際どいレースが出来ていたかもしれませんね。前走は競馬にならなかったですが、自分のリズムで競馬をすればこれぐらい走ってくれる力を持っているので、次もいい状態でレースに臨めるように調整してあげたいと思います。

この暑い時期に2度長距離輸送をしたこともありますし、トレセンで状態を確認した後は、短期放牧に出そうと思います。放牧先で馬体のケアをしてもらい、特に問題がなければ10月の京都開催あたりで復帰させたいと考えています」

小倉記念に出走したフェイマスエンド君、13番人気でしたが結果7着。
今回は着順云々よりもどういうレースになるのか、それがかなり心配でしたが前走のむちゃくちゃな走りの影響もなさそうですし、松山騎手のコメントにも力むこともなくリラックスしていたとあるので、正直ホッとしました。
たぶん、勝手な妄想ですけど素直な賢いお馬さん?
騎手の言うことを聞きつつ、自分のペースが分かっている…そんな気がしました。
今後は短期放牧で、京都で復帰予定ですので暑い季節の疲れをいやしてまた楽しませて欲しいですね。

しかし、某厩舎さんの情報量、内容とはエライ違いだ(笑)

スポンサードリンク

2017-08-03

台風の進路が重なるなぁ 良馬場・・・どころか開催大丈夫かな?

0012
フェイマスエンド
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:2日に坂路で追い切り
次走予定:小倉8月6日 小倉記念(GⅢ)〔松山弘平〕

鮫島一歩調教師
「2日に坂路で追い切りました。松山騎手に感触を確かめてもらったところ、『追い出しにかかるとトモが緩いことで多少左右にブレるところがありましたが、それでも最後までしっかり反応して伸びてくれました』と言っていました。
予定ではハロン14-14でラストひとハロンをしっかり伸ばすように伝えていましたが、少しテンの入りが遅かった以外は理想の形で追い切ることが出来ました。ひと叩きしたことで馬体は引き締まり、動きも前走以上に良くなっているので、あとは自分のリズムで競馬が出来れば前走のようなことはないはずです」

こちらは予定通り、そして順調にレースに向かって調整できているようで、あとは出走、そしてレースに向かえれば良いなと。
結果はともかく、前のようなワケの分からないものではなく、普通にレースしてくれれば。

あとは天気が心配・・・どころか台風の進路と接近する日によっては開催も怪しいかも?
せっかく楽しみにしてたんだけどねぇ、天気のことなんでしょうがないです。

台風はもうどうなるか分からないので、日曜日を楽しみに待つしかないですね ^^

スポンサードリンク

何だこのノープラン丸出しの予定は!!

0013

ゴールドエフォート
在厩場所:2日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:8月13日の新潟・芝1,800m(牝)〔木幡巧也〕

田島俊明調教師
「2日に帰厩しました。検疫の都合で10日競馬になってしまいますが、夏場に強いと思いますし、できれば一戦した後も続戦したいと思っていますので、復帰初戦はぎりぎりに仕上げず、お釣りを残しておきたいと思います」

何言ってんでしょう、この厩舎・・・。
前回の出走、5月に一戦して放牧になった際の情報で予定通り放牧で、夏のほうが調子が良いので8月の新潟に向けて調整・・・と記憶しています。
で、そんな前から予定して8月の13日の出走まで決めて、帰厩もバタバタになってません?
それに出来れば一戦したあとも続戦って・・・何だそれ?
できればって、出来るようにするのが仕事じゃないのでしょうかね。
ぎりぎりに仕上げず、お釣りを残しておきたい・・・なら、無理に13日に出走しなくて良いです。
もう最初から言い訳してるし、帰厩後すぐの出走も検疫の都合って・・・。
予定をちゃんと立てられない厩舎のようですから、続戦するってネタ(もうあえてネタにします)も怪しいですよね。

そんな状況で出走して、結果惨敗でタイムオーバーとかで・・・結局また放牧とか・・・。
あえてそうしてますか?
と、聞いてみたいです。
上のクラスに上がれるかどうかではなく、去年の新潟の最後の脚を見たい、それだけなのにまともに調整もしてもらえてない・・・そうとしか思えません。

こういう状況で良いのでしょうか・・・。
今までも?な厩舎、出走、レース選択などもありましたけど、結果的にいろいろやってみようと前向き(適当かもしれないけど)に捉えられましたけど、今回のこのコメント見てもうゴールドエフォートがかわいそうに思えてきました。

去年の夏、勝っていなければどういう方向になっていたか分かりませんが、こんな適当に扱われることは無かったんじゃないかなと。

地方なら勝てそうですし(ダートは分からんけど)、乗馬で楽しく人を乗せて過ごせたのかもしれないし・・・、そう思えて仕方がなくなってきました。
こんな感じで今のクラスで勝てるとも思えませんし、上を目指してとか・・・無いですよ。

見てるだけの出資者という立場ですけど、何か納得・・・全然できません。
クラブの運営側とかどう思ってるんでしょ?
そこが知りたい、会報でしょうもない行きつけのレストランとか紹介するなら、こういう事について話し合ったり、改善を要求したりした・・・という動きは無理か。
やはり自分の出資できる予算のお馬さん、入厩先がとても重要だと改めて・・・。

一口馬主関係で久しぶりに気分悪い・・・です。

シルクメビウスが調教で脚が不調になった時、フェブラリーSは出ないと決まった時・・・そんな時ですら厩舎からのコメントでは納得できたものがあったのですが、ここはもう、ホントになんやねん! ですわ。

スポンサードリンク

« 2017年7月 | トップページ

出資馬成績

PR

フォト