スポンサードリンク

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

001

« 今週は楽しめそうです 12/10阪神チャレンジカップ&豊川特別 | トップページ | 究極のハンドメイドカスタムバイク発見 »

2016-12-05

アジをルアーで釣る面白さは上あごフッキングにあり?

アジングはライトゲームの中でもマニアックすぎ!!

はい、ここのところ何回連続でお魚に遊んでもらえなかったのか…、もうこのまま年内どころか、年が変わってもそのまま貧果なまま進んでいくのだろうと思わせる内容が続いているにもかかわらず、ライトゲーム用のワームだのプラグだのを追加投入し続けているのは私です。

スポンサードリンク

それでも釣りに行ける日の天気だけはまあ良くてリフレッシュにはなっています。
アジングの日も12月としては全く持って恵まれているといえる釣り日和のなか、アジを湾岸南部へと捕獲に行ってきました。


当日の状況は…

昼間は気温も上がり、風も無く暖かい状況でしたがそんな時に限って夜は寒さを感じるので、今季初ヒートテックで完全武装です。

夜も風が殆どなく『ジグ単アジング』には最適な天候、これで釣れなければ年内もう行かないと決めている…つもりです。

ポイント的にはここかな?というスポットを3つほど選択、出遅れたので1か所めですでに暗闇になっていますが、一番期待していた最初の場所ですが全くアジングアングラーがいません。

直感でダメと判断し、人が多い可能性が高い第二候補の港へ。

到着してみると、サビキの人、アジングアングラーなど多数。

たぶん、釣れているんだろうと場所を決定。

暗闇の中、タックルをセットします。

すると、まあ良く分かっておられる地元の猫さんが…

Photo

じっと待って、見つめてきます。

まだ釣ってないから無いで…と言っても伝わらないのですが、魚が出て来ないのが分かるとどこかへ行ってしまいました。

何故か漁港のネコさんたち、新鮮なお魚をもらっているのか、健康的で毛並みも良いんですよね。

さて、最初に以前良く釣れた堤防に向かいますが、気配はありません。
一番奥でサビキの人にポツポツと釣れる程度。

しかも小さい、アジフライではなく南蛮漬けサイズです。

いろいろ粘ってみますがイマイチ釣れないので、対岸の堤防へ大きく移動するとサビキの人にアジが釣れだしたタイミング。

しかし入るスペースが無いので、その並びの一番端っこに何とか入れてもらいます。

横のお兄さんに釣れ出したので、こちらも間もなくか!

と思っていたらようやく小アジ特有の「いつアワセるねん!」という楽しいアタリ。

で、何とか一匹ゲットです…。

ここから爆釣か!と思ったのですが…。

結果から言えばまあそれなりに…なんですけどね。

Photo_2


4人がかりで形にはなっているんですが…。
たぶん15匹行ってないよねぇ。
でも、目の前にアジはたくさんいたんですよ、水面近くに。

でも、釣れない、いや釣れるんですけど…。
パターンが掴めなかったんです。

昨日は最初、シェイクで食ってきたと思うのです、それでずっと同じ事してたんですけど、後が続かず。

で、今度は表層をただ巻きで…あ、釣れたになって、繰り返すと釣れない。
釣れても2匹目まで。

次はフォールで連続のアタリ…、でフッキング出来ず。

その次は底近くをスローリトリーブで食ってくる…。

それぞれに食い方が変わってるんですけど、合間に魚がいなかったので、群れによって食い方が変わっていたのか、追っかけていたベイトが違ったのか…?

サッパリ分からないぞアジング。

まあそれでもおかずの一品には追加できたので、ヨシとしなければ。

Photo_3


で、分配後にお持ち帰りしたのがこれだけ。

Photo_4


もう少し大きいとアジフライ最高なんですけど、ちょっと小さめ。

しかし、アジング難しいです。

釣れる釣れないの前に群れが居るかどうかがあります。

それでもってルアーで釣るにはいろんなパターン、ルアー、釣り方の引き出しを持っていないと対応出来ないので、サビキでたくさん釣れるイメージで始めると大変かもしれません。

釣れるときはあっと言う間におかずのノルマ達成できるほどで、とてもお手軽と言えばそうなんですけどね。

昨日は0.4gから0.8gのジグヘッド単体に2.5lbのフロロラインで当然夜釣り、ということでライントラブル発生が釣り終了のお知らせでした。

ホント、面白い釣りなんですけど簡単ではないと実感です。

釣りの内容からどう考えても、アジングはマニアックな釣りで決して入門者向き、ビギナー向きのジャンルではないぞ…というのが結論です。

やったこともないし、釣ったこともありませんけど、フロート使ってブン投げて、デカいアジ狙うのは別かもしれないですが…。

そんな釣り、地元でなかなか出来ないし、いや出来るんだろうか?

■昨日のタックル
ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント68 Ⅱ
リール:レアニウム2000
ライン:フロロ2.5lb
ジグヘッド:いろいろ0.4~0.8g
ワームはニードルフライのクリアー系

【ロッド】ヤマガブランクス:ブルーカレント68II 【スピニングロッド/釣り竿・釣竿】【送料無料】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベイトブレス ニードル REALFRY2 S810 アミ
価格:626円(税込、送料別) (2016/12/4時点)

ベイトブレス ニードル REALFRY2 S810 アミ
ベイトブレス ニードルREALFRY2 GF02 GFホワイトパール

何となくですけど、あの港内のアジを見る限りもう少し楽しめる気がしましたから、年内にもう一回くらい遊びに行けるのかなと感じています。

アジングは入門に良いのかなと以前は思っていました。
確かにたくさんアジはいたし、釣り味は面白い(サイズとか数ではなく)ですし、食べて美味しいし」車横付けポイントでも釣れるし…。
でも、たぶん違うと今回はっきり理解しました。


アジングの面白さは、数、サイズではなく手軽かつ一匹一匹を上あごにしっかりフッキングさせて喜ぶ遊び?

そのためにジグヘッド、ワームを選び、ラインを考え、ロッドのパワー、アクション、長さをいろいろ検討し完璧な準備をして、その予想がハマり、狙った場所で上あごにしっかりフッキング…。

メバルタックルの流用でも楽しめますし、十分なんです。
でもね…、ジグ単アジングの面白さ(自分ではそう思ってます)にドップリと浸かってしまったら…、タックルにもこだわりが出て、行き帰りの車中でもあーでもない、こーでもないといろいろハナシが盛り上がります。
たぶん、アジングってそういう楽しみ方を押した方が良いんじゃないの?と、釣りの業界に言ってみたいけど、おおきなお世話ですな…。

とにかく、マニアックな釣りですから変に入門して、楽しくなったら大変ですよとだけは言えると思います。

スポンサードリンク

« 今週は楽しめそうです 12/10阪神チャレンジカップ&豊川特別 | トップページ | 究極のハンドメイドカスタムバイク発見 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週は楽しめそうです 12/10阪神チャレンジカップ&豊川特別 | トップページ | 究極のハンドメイドカスタムバイク発見 »

出資馬成績

PR

フォト